川崎市で注文住宅を考えている方必見の情報です

川崎市は神奈川県の中でも横浜と争うぐらい大きな都市です。このように大きな都市になったのはまず平地が多いからです。関東平野のはじっこに位置しますが、海に近いため平地が多くひろがっています。平地が多いだけでなく川も流れ込んでいます。人々は平地が多いだけではなく、そこに川があることで生活するための水を汲むことができます。歴史的に見ればこのような理由から、人々が移り住んできたという流れがあるのです。昭和時代以降は東京に近いためという理由で、川崎に住む人が増えてきました。東京の中心地であっても通勤時間を30分程度で済みますので、非常に便利になります。東京に行くための路線も複数ありますので、ある程度行きたい所まで電車一本でいくことも不可能ではありません。

川崎市に注文住宅を建築するならば

では、川崎に注文住宅を建築する場合はどのようなことに気をつけたらよいでしょうか。川崎市は基本的に人気があるところになりますので、土地の値段が高くなっています。注文住宅を建築する場合もまず土地から購入する場合は、土地の値段だけですべてのお金を使い切らないようにしましょう。そのあと建物を建てることは考えると、ほどほどの値段で押さえておかなければいけません。川崎は場所によって、土地の値段が一坪100万円を超えているところも珍しくありません。そのように考えると、土地代だけでかなり高くなってしまいます。駅から徒歩10分ぐらいのとこであれば60平方メートル程度の住宅であっても土地代だけで3000万円ぐらいすることがありますので、田舎のようにある程度広い庭があり、2階建ての住宅を建てるならばある程度お金が必要です。

住宅の形について考えることが大事

狭小住宅を建てるのであればそれほど問題ないかもしれませんが、土地が安くなる代わりに建物の建築費用は高くなってしまいます。なぜなら、狭い土地の方がスペースを得るために工夫した設計をしなければならないからです。もしどうしても狭小住宅が良ければ思い切ってデザイナーズ住宅にしてしまう方法もなくもありません。この場合注文住宅と言っても設計事務所にお願いするのが普通になります。ハウスメーカーや工務店でデザイナーズ住宅を建築しているところはあまりありませんので、デザイナーズ住宅の建築に慣れている設計事務所にお願いをしてみるのが良いです。ある程度広い土地が必要と考えるならば、川崎のはじの方に住むのがよいでしょう。いまだに田んぼが残されているところもあり、土地の値段も中心地と比べると半分以下で済みます。